査定風景 調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 査定もすごく親切だね
バイクのイメージ画像

最新!買取査定相場

Z1 【1973~75年式】

下記、自動見積りの表示金額は査定現場での実際の買取額!
買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の(年間 約20万台の)取引データを忠実に反映し、業者の最低限の儲けと経費を差し引いた競争力の高い買取額を表示しています。

高額買取 お笑い芸人パッション屋良

業者の指標である買取相場を把握することは、適正価格以上での売却に繋がります!先ずは詳細な相場情報をご覧くださいませ。

より詳しくお知りになりたい方は
0120-819-118(全国対応!年中無休9:00-21:00)

出張買取予約
Z1 【1973~75年式】 の買取相場

データ最終更新:2024年07月12日

  • 出張査定を予約する
  • 無料査定のご希望日時
    査定は全て無料です (お断り頂いても無料です)
    査定自体は5分。お支払いと車両の引取を含めても20分程です

    戻る 07月18日〜07月24日 進む
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    8:00-
    10:00
    10:00-
    12:00
    12:00-
    14:00
    14:00-
    16:00
    16:00-
    18:00
    18:00-
    20:00
    20:00-
    21:00
  • 郵便番号

  • 町名の先のご住所(バイクの保管場所)

  • お電話番号(ハイフンなし 数字のみ)

  • メールアドレス

  • お客様のお名前

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

Z1 【1973~75年式】毎週更新の買取査定相場

年式別の買取査定相場

Z1 【1973~75年式】 買取査定に役立つ豆知識

【車両解説】Z1 【1973~75年式】
Z1 【1973~75年式】

スポーツ走行に適した大排気量の4ストロークマシンを目指し、市販量産車初の空冷並列4気筒エンジン「N600型」の開発を水面下で進めていたカワサキ。
しかし、1969年にホンダがいち早く発表したドリームCB750FOURにより、「ニューヨークステーキ作戦」とコードネームを改称し、よりハイスペックマシンの開発を続けていたカワサキが1972年に送り出したのが、"Z1"の通称で知られる900Super Fourです。

ティアドロップ型タンクからテールエンドにかけ、流麗な曲線を用いた美しいスタイリングに加え、903ccの空冷4ストロークDOHC4気筒エンジンが生み出す82PSというビッグパワー、セルスターターとキック併用による利便性、前19後18インチホイールによる操縦性のよさに左右対称の4本出しマフラーなど、70年代当時最先端を行く完成度の高さで覇権を獲ることに成功しました。60年代に業績が芳しくなかったカワサキにとって、まさに起死回生の大ヒット作となったことは言うまでもなく、日本生産車の中でも一、二を争う名車だと言えるでしょう。エンジン点火タイミングやメーターの改良、進角特性などの見直しを経てモデルイヤーを重ね、1976年には後継モデルのZ900へとモデルチェンジし海外市場開拓の大任を全うしました。

72年の最初期生産モデルはキャンディートーンブラウン(通称・火の玉(ファイアーボール)カラー)、ヨーロッパ仕様の72年生産モデルと翌1973年生産モデルに設定されたキャンディートーンイエロー(通称イエローボール)、1974年生産のZ1-Aにはイエロータイガーとオレンジタイガーで知られる2色、1975年生産のZ1-B型には玉虫ブルーと玉虫マルーンで知られる2色が設定されました。絶版車の王様と呼ばれるほど、日本国内では絶大な知名度を誇るマシンのひとつですが、50年前に生み出された車両ながら、海外から程度状態の良い個体が日本へ逆輸入されたケースが多数を占めております。

買取業者の最大の転売先であり、販売業者の最大の仕入れ先として年間に約20万台のバイクが取引される業者間オークションの取引データをZ1に絞って、2022年5月時点で直近1年間抽出したところ。最高454万円、最低190.2万円、平均281.1万円と高価格帯での取引がメインで、200万円を切る車両はほぼない状態となっています。弟分のZ2こと750RSが天井知らずの高騰を続けていることなど、絶版車ブームによる人気は当面続くことが予想されますが、玉数が多いZ1は大きな伸び代が見込み辛いという一面もあり、車検や盗難保険の更新料といった動態保持のコストを考慮すると高値が期待できる今のうちに手放すという選択股もひとつの考え方と言えるでしょう。

空冷Zシリーズの元祖であるZ1で高額買取を狙うなら、空冷カワサキへの造詣の深さと取引実績多数を誇る弊社バイクパッションへぜひお任せを!

解説記事更新日:2022年05月13日

【スペック・仕様】
車名/型式/年式 900Super Four(900スーパーフォア・Z1)/ Z1F型(Z1・Z1-A・Z1-B前後期)/1973年モデル(※画像・スペック共)
発売年月 1972年8月
車両サイズ(mm)・重量(kg) 全長2,200×全幅865×全高1,170mm・乾燥重量230kg
シート高・最低地上高(mm) シート高815mm・最低地上高160mm
エンジン機構・最高出力・燃費 空冷4ストロークDOHC2バルブ4気筒・80PS/8,500rpm・--km/1L(NA)
エンジン始動・燃料供給装置・タンク容量 セル/キック併用・キャブレター・18リットル
新車販売価格 輸出専用モデルのためデータなし
ジャンル プレミアム旧車 絶版車丸Z(空冷4発)歴代の世界最速バイク
【ライバル・兄弟車】最新買取相場

実働車【年式別 平均取引額】 Z1 【1973~75年式】

【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2024年7月時点から12ヶ月間遡った数字

【年式別】平均買取額の目安

平均
250.5万円
平均
226.6万円
平均
N/A万円

※データ更新:2024年07月12日

【実働車の取引価格帯】 Z1 【1973~75年式】

単位【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格帯

2024年7月時点から12ヶ月間遡った数字

【取引価格帯と構成比】

最高
300 ~ 350
万円
%
2
構成比
最多
200 ~ 250
万円
%
40
構成比
最低
150 ~ 200
万円
%
28
構成比

※データ更新:2024年07月12日

【状態別の取引額】 Z1 【1973~75年式】

最高額
平均落札額
最低額
【評価点】
【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2024年7月時点から12ヶ月間遡った数字

【状態別買取額の目安】

8
新車
最高
平均
最低
取引
0.0万円
0.0万円
0.0万円
0台
7
超極上
最高
平均
最低
取引
0.0万円
0.0万円
0.0万円
0台
6
極上
最高
平均
最低
取引
0.0万円
0.0万円
0.0万円
0台
5
良好
最高
平均
最低
取引
0.0万円
0.0万円
0.0万円
0台
4
軽い難
最高
平均
最低
取引
281.0万円
244.9万円
195.0万円
13台
3
難有
最高
平均
最低
取引
306.0万円
217.5万円
150.0万円
30台
2
劣悪
最高
平均
最低
取引
0.0万円
0.0万円
0.0万円
0台
1
事故
不動
最高
平均
最低
取引
126.3万円
96.1万円
71.3万円
3台

※データ更新:2024年07月12日

【走行距離別の取引額】Z1 【1973~75年式】

最高額
平均落札額
最低額
【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格

2024年7月時点から12ヶ月間遡った数字

【走行距離別買取額の目安】

0.5〜1万km 最高 216.0万円 1台
平均 216.0万円
最低 216.0万円
1〜2万km 最高 290.0万円 5台
平均 248.6万円
最低 180.0万円
2〜3万km 最高 269.5万円 3台
平均 250.5万円
最低 230.0万円
3〜5万km 最高 256.2万円 5台
平均 214.6万円
最低 181.0万円
5万km 最高 229.0万円 5台
平均 214.2万円
最低 201.0万円
不明
メーター改
最高 306.0万円 24台
平均 223.1万円
最低 150.0万円

※データ更新:2024年07月12日

【カラー別の取引額】Z1 【1973~75年式】

  • その他
【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2024年7月時点から12ヶ月間遡った数字

【カラー別 平均買取額の目安】

/ 227.2万円 16台
246.7万円 8台
202.8万円 5台
245.0万円 4台
/ 200.5万円 2台
その他 213.3万円 8台

※データ更新:2024年07月12日

【実働車|過去5年間の買取相場の推移】 Z1 【1973~75年式】

最高額
平均落札額
最低額

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
※51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2024年7月時点から60ヶ月遡った数字

【平均買取相場の変動】

対前年比
+3
% up

【2023年間 vs 2024年間】

対3前年比
-20
% down

【2021年間 vs 2024年間】

年間平均
取引台数
42

過去5年間の取引台数÷5

※データ更新:2024年07月12日

実働車【年式別|買取相場の推移】Z1 【1973~75年式】


  • 1975年式

  • 1974年式

  • 1973年式

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
※51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2024年7月時点から60ヶ月間遡った数字

【平均買取相場の変動】

対前年比 対3年前比 2024年の取引台数
1975年式 - -18 4 台
1974年式 +2 -18 16 台
1973年式 - -100 0 台

※データ更新:2024年07月12日

spacer-for-layout
自動査定の金額】は査定現場での実際の買取額です。
買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の(年間 約20万台の)取引データを忠実に反映し、業者の最低限の儲けと経費を差し引いた競争力の高い実際の買取額を表示 しています。

【グラフ領域の金額】は買取業者の転売額です。
転売額とは買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場での落札金額に当たります。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引されています。
実は買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
そのため、業者間市場での取引額(業者の転売額)から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を割引いた金額が査定現場での実際の買取額になります。
業者間での取引額から割引かれる金額は、単価の低い原付バイクで0.6万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正かつ競争力の高い割引額と言えます。
率にすると概ね2%~10%の(高額車両ほど率が低い)割引率なので、業者間での取引額の90~98%が実際の買取額となると憶えておけば、査定額の妥当性や競争力を判断する材料になることでしょう。

Z1 【1973~75年式】 上位20台の取引額 (データ更新:2024年07月12日)

落札額 評価点 車台番号 走行距離 カラー
1 Z1 【1973~75年式】 306.2万円 3.0点 Z1F-709 16,792km
2 Z1 【1973~75年式】 290.2万円 3.3点 Z1F-103 14,651km
3 Z1 【1973~75年式】 290.2万円 3.2点 Z1F-804 14,649km
4 Z1 【1973~75年式】 281.2万円 3.7点 Z1F-750 13,670km
5 Z1 【1973~75年式】 276.2万円 3.0点 Z1F-555 40,417km
6 Z1 【1973~75年式】 269.6万円 3.5点 Z1F-092 24,861km
7 Z1 【1973~75年式】 269.1万円 3.7点 Z1F-242 27,631km
8 Z1 【1973~75年式】 262.1万円 3.3点 Z1F-409 7,718km
9 Z1 【1973~75年式】 262.1万円 4.0点 Z1F-401 19,754km
10 Z1 【1973~75年式】 261.1万円 3.8点 Z1F-718 24,584km
11 Z1 【1973~75年式】 258.9万円 3.2点 Z1F-700 92km
12 Z1 【1973~75年式】 256.1万円 3.8点 Z1F-650 31,373km
13 Z1 【1973~75年式】 253.9万円 3.2点 Z1F-487 6,208km
14 Z1 【1973~75年式】 251.9万円 3.0点 Z1F-829 29,347km
15 Z1 【1973~75年式】 247.9万円 3.5点 Z1F-457 17,519km
16 Z1 【1973~75年式】 244.3万円 3.0点 Z1F-108 17,616km
17 Z1 【1973~75年式】 243.6万円 3.7点 Z1F-126 16,169km
18 Z1 【1973~75年式】 242.8万円 3.8点 Z1F-393 39,619km
19 Z1 【1973~75年式】 240.8万円 3.2点 Z1F-643 21,201km
20 Z1 【1973~75年式】 229.8万円 3.2点 Z1F-398 26,819km

【評価点】8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車 5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪 1点:事故不動
(※3~4点の評価ながら、値段が跳ねているケースの多くは純正品の無いカスタム車です)

【走行距離】単位はkm

上記は買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札金額のデータ
業者間オークション市場では年間に約20万台の中古バイクが取引されています

買取実例

実働車
事故車 不動車
全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い