査定風景 調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 査定もすごく親切だね
バイクのイメージ画像

最新!買取査定相場

CB400スーパーフォア【1992~2020年】

下記、自動見積りの表示金額は査定現場での実際の買取額!
買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の(年間 約20万台の)取引データを忠実に反映し、業者の最低限の儲けと経費を差し引いた競争力の高い買取額を表示しています。

高額買取 お笑い芸人パッション屋良

業者の指標である買取相場を把握することは、適正価格以上での売却に繋がります!先ずは詳細な相場情報をご覧くださいませ。

より詳しくお知りになりたい方は
0120-819-118(全国対応!年中無休9:00-21:00)

出張買取予約
CB400スーパーフォア【1992~2020年】 の買取相場

データ最終更新:2022年09月23日

  • 出張査定を予約する
  • 無料査定のご希望日時
    査定は全て無料です (お断り頂いても無料です)
    査定自体は5分。お支払いと車両の引取を含めても20分程です

    戻る 09月27日〜10月03日 進む
    27
    28
    29
    30
    01
    02
    03
    8:00-
    10:00
    10:00-
    12:00
    12:00-
    14:00
    14:00-
    16:00
    16:00-
    18:00
    18:00-
    20:00
    20:00-
    21:00

  • 郵便番号

  • 町名の先のご住所(バイクの保管場所)

  • お電話番号(ハイフンなし 数字のみ)

  • メールアドレス

  • お客様のお名前

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

CB400スーパーフォア【1992~2020年】毎週更新の買取査定相場

CB400スーパーフォア【1992~2020年】 買取査定に役立つ豆知識

【車両解説】CB400スーパーフォア【1992~2020年】
CB400スーパーフォア【1992~2020年】

国産400㏄ネイキッドといえば、これまでに数多くのモデルが各メーカーから登場してきたが、その中でも約30年に渡るロングセラーモデルとなっているのが「CB400 Super Four」である。
「水冷4ストロークDOHC直列4気筒エンジン・ワイルド&セクシーなスタイリング・走る者の心を魅了する感動性」という3つの条件を満たすマシンの開発プロジェクト「PROJECT BIG-1」のコンセプトに基づいて誕生したモデルだ。初代モデルNC31型は1992年4月に発売された。
車体は丸型断面パイプを使用したダブルクレードルフレームを採用し、パワーユニットにはDOHC4バルブ水冷4ストローク直列4気筒エンジンを搭載。最高出力は11,000回転で53馬力を発揮していた。トランスミッションは6速リターン仕様。
当時のライバルモデルとしてはDOHC2バルブ空冷4気筒エンジンを搭載したカワサキ「ゼファー」が既に販売されていた。最高出力は46馬力と非力だったが、ネイキッドらしいシンプルなスタイリングとカラーリングで幅広いライダーから支持されていた。その後は、1993年にヤマハから53馬力のDOHC4バルブ空冷直列4気筒の「XJR400」がデビュー。以降、90年代の400ccネイキッドカテゴリで熾烈な人気争いが繰り広げられていくことになる。
90年代後半になると本モデルは、フロントにブレンボ製の4ポットキャリパーを装備した「バージョンS」といった豪華バージョンもラインアップ。
99年にはNC39型へモデルチェンジを実施して可変バルブ機構の「HYPER VTEC」を搭載。エンジンが一定の回転数に到達すると2バルブ動作が4バルブに切り替わるという仕組みである。
その後もマイナーチェンジを繰り返しながら展開を続け2007年に再びフルモデルチェンジを実施してNC42型へと進化。環境規制が時を追うごとに厳しさを増していた時代にあってカワサキ「ゼファーχ」、ヤマハ「XJR400R」といったライバルモデルが続々と生産終了に追い込まれる中、排ガス規制に適合して販売を続行。
基本スタイルを継承しつつABS装備や度重なる環境規制の強化に対応するための仕様変更を繰り返し、国産中型ネイキッドモデルの代表的ポジションを守り続けているが、今後の展開に注目が集まっているマシンである。
買替や売る際の買取査定は、CB400 Super Fourの中古価値に精通しているバイクパッションに!

解説記事更新日:2021年12月31日

【スペック・仕様】
車名/型式/年式 CB400 Super Four/NC31/1992年
発売年月 1992年
車両サイズ(mm)・重量(kg) 全長・全幅・全高 2085・735・1080 重量 192
シート高・最低地上高(mm) シート高 770 最低地上高 125
エンジン機構・最高出力・燃費 水冷4ストロークDOHC直列4気筒・53ps・34.7km/1L
エンジン始動・燃料供給装置・タンク容量 セル・キャブレター・18L
新車販売価格 58.9万円
ジャンル ネイキッド
【ライバル・兄弟車】最新買取相場

【実働車の取引価格帯】 CB400スーパーフォア【1992~2020年】

単位【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格帯

2022年9月時点から12ヵ月間遡った数字

【取引価格帯と構成比】

最高
150 ~ 200
万円
%
0
構成比
最多
0 ~ 50
万円
%
54
構成比
最低
0 ~ 50
万円
%
54
構成比

※データ更新:2022年09月23日

【状態別の取引額】 CB400スーパーフォア【1992~2020年】

最高額
平均落札額
最低額
【評価点】
【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2022年9月時点から12ヵ月間遡った数字

【状態別買取額の目安】

8
新車
最高
平均
最低
取引
171.2万円
145.8万円
117.2万円
8台
7
超極上
最高
平均
最低
取引
149.2万円
123.5万円
98.5万円
17台
6
極上
最高
平均
最低
取引
143.5万円
113.6万円
62.2万円
37台
5
良好
最高
平均
最低
取引
145.0万円
89.7万円
42.6万円
159台
4
軽い難
最高
平均
最低
取引
130.0万円
45.2万円
15.8万円
505台
3
難有
最高
平均
最低
取引
75.0万円
28.0万円
14.8万円
122台
2
劣悪
最高
平均
最低
取引
29.8万円
29.8万円
29.8万円
1台
1
事故
不動
最高
平均
最低
取引
78.0万円
25.5万円
0.9万円
198台

※データ更新:2022年09月23日

【実働車|過去5年間の買取相場の推移】 CB400スーパーフォア【1992~2020年】

最高額
平均落札額
最低額

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
※51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2022年9月時点から60ヵ月間遡った数字

【平均買取相場の変動】

対前年比
+43
% up

【2021年間 vs 2022年間】

対3前年比
+90
% up

【2019年間 vs 2022年間】

年間平均
取引台数
1,458

過去4年間の取引台数÷4

※データ更新:2022年09月23日

自動査定の金額】は査定現場での実際の買取額です。
買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の(年間 約20万台の)取引データを忠実に反映し、業者の最低限の儲けと経費を差し引いた競争力の高い実際の買取額を表示 しています。

【グラフ領域の金額】は買取業者の転売額です。
転売額とは買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場での落札金額に当たります。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引されています。
実は買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
そのため、業者間市場での取引額(業者の転売額)から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を割引いた金額が査定現場での実際の買取額になります。
業者間での取引額から割引かれる金額は、単価の低い原付バイクで0.6万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正かつ競争力の高い割引額と言えます。
率にすると概ね2%~10%の(高額車両ほど率が低い)割引率なので、業者間での取引額の90~98%が実際の買取額となると憶えておけば、査定額の妥当性や競争力を判断する材料になることでしょう。

CB400スーパーフォア【1992~2020年】 上位20台の取引額 (データ更新:2022年09月23日)

落札額 評価点 車台番号 走行距離 カラー
1 CB400SF-4A 171.2万円 9点 NC42-200 1km 白/赤/黒
2 CB400SF-4A 165.0万円 9点 NC42-200 1km
3 CB400SF-4A 152.5万円 8点 NC42-200 16km 白/赤/黒
4 CB400SF-4A 150.0万円 8点 NC42-200 1km
5 CB400SF-4A 149.5万円 8点 NC42-200 17km 白/赤/黒
6 CB400SF-4A 149.2万円 7点 NC42-200 141km
7 CB400SF-4A 145.0万円 5点 NC42-200 5752km 白/赤/青
8 CB400SF-4A 143.5万円 6点 NC42-200 2437km
9 CB400SF-4A 143.2万円 7点 NC42-200 1522km
10 CB400SF-4A 143.0万円 6点 NC42-200 80km
11 CB400SF-4A 142.2万円 5点 NC42-200 1653km 白/赤/青
12 CB400SF-4A 141.0万円 6点 NC42-200 428km
13 CB400SF-4A 140.8万円 8点 NC42-200 16km 白/赤/青
14 CB400SF-4A 140.4万円 5点 NC42-200 2357km 白/赤/黒
15 CB400SF-4A 140.4万円 7点 NC42-200 160km 白/青
16 CB400SF-4A 140.4万円 6点 NC42-200 420km 白/赤/黒
17 CB400SF-4A 140.4万円 6点 NC42-200 4776km 白/赤/黒
18 CB400SF-4A 140.2万円 6点 NC42-200 2714km 白/赤/黒
19 CB400SF-4A 140.2万円 7点 NC42-200 1754km 白/赤/黒
20 CB400SF-4A 138.0万円 5点 NC42-200 7830km 白/赤/青

【評価点】8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車 5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪 1点:事故不動
(※3~4点の評価ながら、値段が跳ねているケースの多くは純正品の無いカスタム車です)

【走行距離】単位はkm

上記は買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札金額のデータ
業者間オークション市場では年間に約20万台の中古バイクが取引されています